クレジット現金化お助けAtoZ

クレジット現金化お助けAtoZは、お客さんが理解したいクレジット現金化の新しい情報を正式にご説明しているウェブサイトなのです。お客さんに是非とも覚えて欲しいクレジット現金化の基本にあるデータも公開しているので確認よろしくね! - 海外の投資会社を媒介する方法

海外の投資会社を媒介する方法

様々な金融商品を扱う海外の投資会社では、クレジットカードでの入金を許容しているものもあり、これを一定期間後、振り込んでいただくことによって現金する方法もあります。

現金化の仕組み

この場合、短期で、お金を戻す場合は、同じクレジットカードで出金してもらい、ショッピング枠が元に戻る場合が通常ですが、一定期間、たとえば、40日を超えた場合は、現金での振り込みが可能になっているようです。

制約と問題点

もちろん仲介業者の方が日本語でサポートしてくださる場合もありますが、もともと英語で書かれたホームページにアクセスすることも多いため、英語等の語学力に自身がある方が望ましいと言えます。

海外に資金を移動し、違法な団体等に流れたり、税金の納税を回避したりするような悪用を防止するマネーロンダリングの規制の強化もあり、単に資金を口座に入れておくだけでなく、リスクの少ない金融商品でも構わないのですが、実際に投資することを推奨されますますので、この勇気がない方にはこの方法をお薦めすることができません。

もっとも、きわめて、リスクの少ない金融商品を探すことは、さほど難しくはないかもしれませんが、人によっては、1日で、20~30%の増減も気にしない方もいらっしゃれば、元金割れレベルでも気にする方がいらっしゃるので、この辺の認識はかなり個人差がありそうです。

海外から国内に振り込む場合の手数料や、ドルと円の交換の手数料もかかりますので、もともとの元金自体がある程度の金額ないと意味をなさないかもしれません。

これに向いた人もあり得る?

資金が当初の充当金額を超えた場合は、この金額を振り込むにより、出金することは可能ですので、投資に自身のある方には向いていそうです。

従って、きわめて、投資能力が高く、短期間で、2倍に増やせる方は、元金をクレジットのショッピング枠に戻し、利益から、送金手数料等を差し引いた額を送金することも可能です(実際に、これが可能な方もおられるようで、羨ましい限りですね)。

また、リスクを承知で、海外投資や英語を勉強したい方にもおすすめです。

通常は、ドルを扱うところが多いこともありますので、アベノミクスの初期等ドル円レートが有利に向かう場合等は、この方法は有効かもしれませんが、それでも、通常のやり方では、やはり、時間と手数料がかかり、海外ということもあり様々なリスクも伴いますので、クレジットのショッピング枠でも、多額の資金充当の余裕があり、よほど投資に自信のある以外はやらない方がよさそうですね。