クレジット現金化お助けAtoZ

クレジット現金化お助けAtoZは、お客さんが理解したいクレジット現金化の新しい情報を正式にご説明しているウェブサイトなのです。お客さんに是非とも覚えて欲しいクレジット現金化の基本にあるデータも公開しているので確認よろしくね! - 宴会を活用する方法

宴会を活用する方法

宴会等の複数の方が参加する場合で、支払いをまとめることによりクレジットカードのキャッシング枠を現金化する方法があります。

活用が可能な場面

これは、企業の忘年会のような宴会でも、何かの会合の帰りに、複数の有志で、食事やお酒やお茶をともにし、レストランや居酒屋や喫茶店等に行く場合でもいいのですが、幹事役の方が、複数の参加者の会費等をまとめて支払う場合があります。

そして、チェーン店はもちろんのこと、大きな店や、小さな店でも、特に一定金額以上の場合は、クレジットカードによる支払いを認めているところが多くなってきています。

このような場合、自ら幹事役を引き受けることにより、他の参加者の支払い分を徴収し、全額をまとめて、立て替えて、クレジットカードで支払うことにより、手元に他の参加者からの徴収額が現金として残ります。

これにより、自分の分はカードで支払い、他の参加者の支払い分と同額の金額を自分自身のクレジットカードのショッピング枠から、まとめて、即時に現金化することと同様の結果が得られます。

たとえば、一人二千円の会費で、自分を含めて21人いたとしますと、他の参加者からの徴収額が、4万円ですが、支払い額がこれに自分の参加費を加えた4万2千円で、これをクレジットカードで精算することにより、自分自身の2千円の参加費をクレジットカードで支払うともに、4万円のショッピング枠がなくなり、手元に4万円の参加者から徴収した現金が残りますので、この方法により、クレジットカードンの4万円のショッピング枠が現金化されたのと同様の状況を享受することができます。

もちろん、通常、クレジットカードでは、0.5~1%前後のポイントが付く場合も多いようですので、この分もポイントがたまった段階で、ギフト券に交換することにより、自分の可処分所得と同様に使えることもありえます。

この方法をとる場合に考えられる制約等

この方法では、このような立場に立てるかや、これを幹事役の方に相談した場合、その方が倫理的に厳しい場合とそうでない場合で、かなり差が出てきそうです。

もちろん、趣味の場でも、そのような状況は多いのですが、気軽に集金役を申し出ることができる場以外では、そのような会合な場でも、人間的に、評価が下がる場合もありますので、十分、状況を選んで対処する必要がありそうですね。