クレジット現金化お助けAtoZ

クレジット現金化お助けAtoZは、お客さんが理解したいクレジット現金化の新しい情報を正式にご説明しているウェブサイトなのです。お客さんに是非とも覚えて欲しいクレジット現金化の基本にあるデータも公開しているので確認よろしくね! - 電子マネーを媒介する方法

電子マネーを媒介する方法

クレジットカードで充当できる電子マネーを活用して、実質的にクレカ現金化を実現しうる方法についての着眼点をご紹介します。

実際は、これを読まれる時期や、お住いの地域や住宅とそれに関連した出費の状況、お取引のある金融機関やカード会社や政府の規制の状況によっても、既に同様の特典を得られている方もあり、個人差がありますのでご容赦願います。

基本的な考え方

電子マネーやポイント等は、おそらく、通常の円やドル等の通貨と較べ、適用範囲は限られているものの、従来より、適用できる場面が多くなっているようです。

また、これらには、クレジットカードのショッピング枠でポイントを購入できるものもあり、そのポイントが現金と同じように使える場面もあります。

一方、税金に代表される公共料金は、クレジットカードでの支払いが制限されていることが殆どです。

従いまして、この現金で支払わなければいけない部分をクレジットカードのショッピング枠で購入できるポイントで充当できれば、その分、税金で支払わなければならない現金を手元に残すことができ、クレカ現金化と同様の効果を得ることができそうです。

具体的な事例

たとえば、コンビニのセブンイレブン等のセブン&アイグループの発行するnanacoカードでは、公共料金の支払いも可能なようであり、クレジットカードから、ポイントを充当し、これを公共料金の支払いに充てれば、通常でしたら、現金で支払わなければならない金額をクレジットカードで支払ったのと同様の状況が得られ、この公共料金の支払額分をクレカ現金化したのと同様の状況を享受することができます。

もちろん、税金での支払自体については、ポイントは付与されなさそうですが、クレジットカードからnanacoのポイントに充当する場合には、ポイント付与により、得をすることがあるかもしれません。

もともとの当該公共料金をクレジットカードでの支払いを許容していない場合や、クレジットカード会社によっては、nanacoへのチャージ自体を認めていないものもありますので、納税義務がある税金の種類や、保有カード、お住いの地域等によって個人差はありますが、比較的、多くの方にとって、有効な方法かもしれませんので、試してみる価値はありそうです。